2005年10月17日

秋華賞回顧‥というよりは雑感


‥というよりは雑感です、ハイ。

第10回秋華賞(G1)・結果

この秋は上位2頭が抜けてるかな?のトライアルから
上位2頭がやっぱり抜けてそうだになった最後の一冠。

オッズもそれをストレートに反映しており、
馬券的な旨味を探そうにもな気配。

結局‥メサイア、クラフトのどちらを頭にするか迷った挙句。
『京都の内周り、アッサリ抜けられた時は諦めよう‥』の境地で
メサイア−ユタカJが勝つシーンのイメージを優先した。

結果‥余りにも鮮やか過ぎます、ユタカJ。

福永Jとて行きたがるクラフトを頑張って宥めてもってこれたほう。
多少4角で行き急がざるを得ない感じはあったものの‥
あったものの‥あったものの‥あったものの‥な分の
代償が最後の一完歩だったのでしょうね、実際。

一方、メサイア−ユタカJは本当にバチッ!って折り合ってました。
向こう上面〜3角までのレースぶりに全く卒がない。
『あぁ‥これは凄い脚で抜け出してくるな、もらった』‥と。

但、4角を早め先頭で抜け出してくるクラフトとの差を見ると
『これは残られてしまったかな』‥とも。

それだけに最後の直線では久々に声が出るレースでした。

で、やっぱりユタJは上手いなぁと。次回の武豊TVが楽しみだなぁと(笑)

最近は騎手の人間味もプラスした競馬の見方で楽しんでます。


自然ににやけてしまうぐらい、うれしい勝ちです(ユタカJの日記より)

少なくとも、ボクが1回でもミスをしたら勝つチャンスはないだろうと気を引き締めていました。

自身をして完璧な騎乗で乗り切った結果も含めてのあのクビ差です。
自然ににやけてしまう気持ちもわかりますよ。
きっと美味しいお酒が呑めたことでしょうバー

他、3着に来たニシノナースコールは内々を立ち回ったにせよ
キャリアを考えたら大健闘の部類。
馬券的には正直穴人気までと思ってオミットしてました。
ライラプスは枠順で大外を引いた段階で‥‥という
感じだったのですがやはりその分外々になってしまいました。
デアリングハートは距離を差し引いた分だけの結果、
ジェダイドもスムーズさを欠き途中で嫌気をさしたようで。

馬券的には元返し押さえの単勝のハズが想定よりも
オッズを下げてしまい結果マイナスでしたあせあせ(飛び散る汗)
古馬も参加して外回り+1Fでどういう競馬になるのか
楽しみにしたいと思います。
posted by esprit at 13:01| Comment(0) | TrackBack(1) | レース回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8249238

この記事へのトラックバック

秋華賞・回顧 - レースはローズSの再現でした -
Excerpt: いやぁ、やはり抜けた力を持ってましたねぇ。ココは予想通り。ただ、そういった馬が2頭だったのは予想外。形式的には、▲−◎でHitしてはいますが(買ってないですが・・・)、目論見が違った事は事実。というわ..
Weblog: 気の向くままに思うまま
Tracked: 2005-10-17 13:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。