2004年10月12日

京都大賞典の回顧


日曜の淀は台風云々を言っていたのがウソのような晴れ模様。
心配していた馬場も良発表、見た目も鮮やかな緑彩色に包まれて
秋の名物レースがスタート‥

毎年この京都大賞典が見るにつけて秋競馬だなぁ〜などと
しみじみ思ったりするワケですが遊園地ー(長音記号2)

第39回京都大賞典(G2)・結果

■予想&結果■

◎アドマイヤグルーヴ***4着
○ゼンノロブロイ***2着
▲ダイタクバートラム***5着
△ナリタセンチュリー***1着
×レニングラード***3着
×ナムラサンクス***8着
注マーブルチーフ***6着


レースは予想に反してダイタクバートラムがハナを叩く展開で幕開け‥
マーブルチーフがいくかと思ってたのとは全然ウラハラな展開に
びっくりするも流れそのものは予想通り淡々としたスローペース。

◎のアドマイヤグループは多少行きたがってるように見えはしたが
外目を何とか宥めて追走しつつ次第にポジションを上げながら直線へ。
4コーナー外目を回って一瞬出た瞬間はこのまま突き抜けるのではないか!
‥と声が出たもののそこから思うように伸びず。。
残り1F辺りで後方からの馬に差し込まれ4着で入線。

ん〜‥直線に入った時の手応えからは本当にもっと突き抜けていく
感じに見受けられたので結果としては少々物足りず案外。
やはり同斤量で牡馬相手だとこんなものなのかぁ‥と自ら顧みたりするも
更に後方にいたナリタセンチュリーがこの上がりを差しきってきているので
ちょっと納得の行かない部分も無きにしもあらずわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

やはり牡馬相手だと力が発揮できないキャラなのかなぁ(苦笑)

ユタカJの日記より

京都大賞典のアドマイヤグルーヴは、残念ながら切れ味不発。同じオーナーの(正確にはご夫婦ですが)レニングラードと、どういうわけか行きたいところ、行きたいところで重なり合う格好になって、ストレスがたまる競馬になってしまいました。今日は力の半分も出していない感じで、まさに消化不良の内容。アドマイヤグルーヴには悪いことをしてしまいました。それにしても、ボクの外から一気にやってきた勝ち馬の切れ味は凄かったのですが・・・。


やはり勝ったナリタセンチュリーの切れ味には敬意を表するも
力の半分も出していないという感想からあまり納得してない様子。
レース後のコメントでも斤量とかが問題ではないし状態も良かったのに
伸びなかったなぁ‥ということなのでよく分かりません‥とあせあせ(飛び散る汗)
まぁ期待しているイメージや実績に噛み合わないことが多いということ
なんだろうとは思うんですケド。

○のゼンノロブロイは好位でピタッと折り合って最内から絶好の勢いで
抜け出してきたかに見えたが最後は勝ち馬のキレ味に屈した格好に。
一端差し返すような素振りも見せており惜しいの一言に尽きるのだが
逆にいえばやはりどうしても甘く勝ち味に遅いといえなくも‥
最近は段々とこのキャラが板に付きつつあり以前の何かやりそうな
凄みみたいなものが無くなりつつもあり…
やはりペリエ待ちなのですか?わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

▲ダイタクバートラムは5着という何とも微妙な着順に終わっているが
やはりこの馬にハナを切るような競馬はあわないのではないかと。

△ナリタセンチュリー。
上がり33.7と今回は弾けに弾けての差し切り勝ち。お見事です。

センチュリー初重賞〜京都大賞典(スポーツニッポン)

まぐれでも偶然でもない。離された5番人気のナリタセンチュリーが一騎打ちで東の大将ゼンノロブロイをズバッと差し切ってみせた。前半1000メートル61秒1、そこから3Fも38秒2。遅めのペースになっても慌てず騒がず、後方2番手で自分の戦法を貫いていく。田島裕は「色気を出さずに辛抱しました」とセンチュリーの決め脚に懸けた。

どこか地味な印象があったことも事実だが着実に強くなって
ここにきて完全に一皮剥けたかな?の印象。
コース・距離も向いていたのもあるとは思うが今後は軽視できぬ
存在になってくるかも‥(ただやっぱり地味目なので軽視しそうたらーっ(汗)

他、レニングラードはここでこれだけやれれば自己条件なら
アッサリだと思うが今回はアンカツじゃない分怖さが足りなかったか。
ナムラサンクスはやはりデキ一息(すぎた)の印象。
マーブルチーフは行けなかった時点で妙味はなかったが
コメントからも道中外へも出せずイメージ通りは乗れてなかった模様。
それでいて上がりの競馬ではこうなってしまうだろう。

馬券的には結局アドグルに肩入れしたフォーカスを買っていたので惨敗。
レースそのものは充分見応えがあったものの個人的にはちょっと
不完全燃焼な大賞典でしたどんっ(衝撃)


posted by esprit at 11:55| Comment(2) | TrackBack(6) | レース回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
文章を抜粋させていただいたのですが、トラックバックをふたつ送ってしまいました……。申し訳ございません。お手数ですが、ひとつ削除していただければ幸いです。
Posted by みっきーおーく@打っ散り at 2004年10月13日 23:54
問題ナシです、ご丁寧にどうも。
Posted by esprit at 2004年10月14日 00:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

☆itsuki☆京都大賞典&毎日王冠回顧or反省会
Excerpt: 京都大賞典   1着ナリタセンチュリー ◎ 2着 ゼンノロブロイ ○ 3着レニングラード  印だけ見ると◎-○で決まっているので馬券が当たっているよーに見えるんですがw3連専門で3連しか買ってない..
Weblog: 3連単×3連複競馬ブログ
Tracked: 2004-10-12 15:51

毎日王冠などの結果と回顧
Excerpt: 毎日王冠も京都大賞典も相変わらずの凡想だったし、決め手は大外一機か。あぁ〓あ。。...
Weblog: 競馬ニュース的ブログ
Tracked: 2004-10-12 19:22

毎日王冠・京都大賞典回顧
Excerpt: 思っていたより馬場が回復した府中競馬場での毎日王冠。テレグノシスが最後方から直線だけで全馬を差しきっての豪快な勝ち方。逃げたローエングリンは1000m通過が59.7ということで楽逃げのレースに見えま..
Weblog: お馬の写真
Tracked: 2004-10-12 20:18

ゼンノロブロイとビワハヤヒデ。
Excerpt: またまた2着に敗れてしまったゼンノロブロイ。これで昨年の神戸新聞杯を勝って以来、積もり積もって5連敗である。数字的にはとくに目を引くような記録ではないのだが、いつの間にやら「甘い馬」との評価が定着して..
Weblog: readkeiba.blog/競馬・読む・見る・書く・・・
Tracked: 2004-10-13 00:58

「毎日王冠」と「京都大賞典」結果・・・
Excerpt: いやあ、どっちもオッズをキチンと見て買ってないので(めんどくさがり) 当たったけど、負けたって感じです・・・。 思った通りにいったんだけどねw じっくり考える時間が欲しい・・・ 毎日王冠結..
Weblog: めかりんだいありぃ
Tracked: 2004-10-13 01:04

【京都】京都大賞典結果ほか ブロガーさんの回顧記事斜め読み
Excerpt: 鞍上は7年ぶり、調教師は6年目で初の重賞制覇 10日(日)京都競馬場で行われた京都大賞典(G2、芝2400m)は、外から伸びたナリタセンチュリーが、ゼンノロブロイとの競り合いをクビ差制して優勝。..
Weblog: 打ちつづけるハズレ券散りつづける
Tracked: 2004-10-13 23:48
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。