2004年09月21日

週末のレース回顧


日曜日のローズSは仁川でライヴ観戦目
9月になって秋競馬まっさかりとはいえ阪神競馬場は
まだまだ暑い暑いがく〜(落胆した顔)いい気分(温泉)
立地的にもそうなのかもしれませんがスタンド前の
タイルへの放射とか一瞬しか吹かない風だとか…
やっぱり淀の吹き抜けた感じとは大違いですあせあせ(飛び散る汗)

第22回ローズステークス(G2)・結果

さて、注目の末脚はひと夏を越してどうなったかな?…と。
そんなことを思いながら応援の意味も込めて前言通り
馬券の方は3連単でスイープトウショウから軸1頭1着流し
(4→3,7,9,10→3,7,9,10)の12通りを購入。
直線はちょっとだけ熱かったですが…(苦笑)

レースはメイショウオスカルがハナを切って引っ張る展開。
1000m通過が58.9。前半の3Fが35.6なので平均速めの流れ。

そのメイショウオスカルは4角までで直線はバタッと
止まってしまった。

ユタカJのコメントに「最後はバテてしまった。」と
あるので仕上がりの想像よりは粘れなかったということか?

1番人気のダイワエルシエーロもメイショウの後から
楽に追走しているように見えたのだが同じように伸び
きれてないところを見ると流れとしては少々キツかった
のかもしれない。

◎スイープトウショウは出遅れ。(まぁいつもながら…)
その後、外めを追走しながら流れに乗りつつ勝負処を
前に外から早めに進出、これならと思わせるレース運び。
直前力強く伸びてきている様を見て「これはやったな」と。
「2着は何かな?」と思ったものだが束の間…
内から縫うようにグローリアスデイズ、スイープの更に
外からレクレドールとしぶとく叩きあいに持ち込まれ
クビ、クビ…と最後は差されて3着に。

コメントにもあるように最後は抜け出してソラを使った
ような形になってしまったが抜け出す時の勢いから
勝ちを確信しただけに案外。

でもこういうレースぶりも出来るということと本番に
向けて抜け出してからの脚を測った思えば悪くない内容。
ああいう形での真ん中はちょっと辛かったと思う。
淀の内回りに挑むならいいレース運びを経験したと思う。

グローリアスデイズはあまりよくは見れていなかったが
コメントをみる限り押っつけ通しだった模様。
内から捌いて最後の勝負に加わってきているあたり
ここにきて血の底力を見せ始めたか。成長を伺わせる。

勝ったレクレドールはステイゴールドの全妹。
個人的にも秋の大舞台に是非とも駒を進めてもらいたいと
注目していたので嬉しい限りだが本番に向けた権利獲りの
ローズSで勝ち切るまでは想像していなかったわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

実際レースでは後方で抑え込み、そういう競馬を試みられ
ていたようだったのだが、スイープの更に外をまわって
初重賞で差し切り勝ちをするあたり大したものだと思う。
兄の歯痒いキャラクターから比較するとこのキャリアで
この離れ技を演じるあたりが面白いのだが(苦笑)
接戦をモノにしてしまったのはアンカツJの腕による
ところも大きいと思う。

アズマサンダースは仕上がりマズマズで先行に厳しい流れを
コンマ4秒の5着に纏めているあたり次は要注意。

ダイワエルシエーロも(あまり好きにはなれないけれども)
人気を落としてくるようならば本番での押さえはこの馬の
キャラクターとしても必要(自分への戒めとして…笑)


あとはセントライト記念の方も少々…

第58回セントライト記念・結果

馬券の方はエスユーグランドから軸1頭1着流しのマルチ
(1→4,9,10,13→4,9,10,13)の36通りを購入。

レースはコスモバルクが引っ掛かったかと思わせられる
ような運びからそのまま押し切って凌ぎきってのレコード。
着差こそ僅かだが内容は強いと思わせられるもの。
但、淀の三千を考えるとやはり不安が残る内容ではある。
(これは大方がそういうイメージになる気がする)

鍛え抜かれた肉体、距離についてのアレコレ…
どこかしらブルボンとイメージが被らなくはないような
そうでもないような…わーい(嬉しい顔)??

いっそのこと本番でも平均より早いペースで淡々と離して
逃げるようなレースをすれば面白いのでは?とも思い、
又、そういうレースを見てみたいというのも個人的には
あったりもする(結果はともかくとして)
少なくとも周りはやりにくくなるハズ遊園地ダッシュ(走り出すさま)

エスユーグランドは内目でドンドン来られて位置取りが
悪くなってしまった…とのコメントだがもう少し仕掛けても
よかったのでは?とも思うのだが。

ホウキパウェーブはきっちり仕掛けて伸びてきており、
実際レースぶりは中々よかったと思う。
本番でも穴人気しそうだが…
G1でカーネギーの仔がどこまでやれるのかが見モノサーチ(調べる)


posted by esprit at 13:10| Comment(0) | TrackBack(10) | レース回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

セントライト記念・ローズS回顧
Excerpt: 今日はセントライト記念を見に中山競馬場へ出撃。来週には北海道民となる人間としてはコスモバルクをしっかり見てこないといかんでしょ、というところでした。 ということでまずセントライト記念の回顧から..
Weblog: お馬の写真
Tracked: 2004-09-21 14:31

今週の重賞結果と回顧
Excerpt: ■第58回セントライト記念(G2)3歳(混)(指)馬齢 芝2200m 2角から先...
Weblog: 競馬ニュース的ブログ
Tracked: 2004-09-21 19:48

【阪神】ローズS結果ほか
Excerpt: ハイペースを利して、春の実績馬をなで切り 19日、日曜メインのローズステークス(G2、芝2000m)は、ステイゴールドの全妹レクレドールが直線一気に追い込み、重賞初制覇を達成した。2着に6番人気..
Weblog: 打ちつづけるハズレ券散りつづける
Tracked: 2004-09-21 19:50

9/19競馬の結果
Excerpt: ハズレ阪神11R ローズステークス 芝2000m 03着 ◎ (04) スイープトウショウ 07着 ○ (10) ダイワエルシエーロ 05着 ▲ (03) アズマサンダース 02着 △ (01..
Weblog: tcgoodthing
Tracked: 2004-09-21 22:31

セントライト記念回顧
Excerpt:  中山はコスモバルク効果なのかどうなのか、入場者が174.4%、1日の売り上げが120.7%、セントライト記念の124.3%と好況だったようだ。去年はセントライトが2分20秒以上かかるような悪天候だっ..
Weblog: JRA攻略百年構想
Tracked: 2004-09-22 02:06

ローズS回顧
Excerpt:  オークス連対組にとっては相性の良くないローズSだが、今年もオークス馬ダイワエルシエーロが7着に沈んだ。相手関係や馬の持ち人気があるので単純比較とはいかないが、セントライト記念のコスモバルクが単勝1...
Weblog: JRA攻略百年構想
Tracked: 2004-09-22 02:11

【写真で回顧】セントライト記念
Excerpt: 「いや、まいった。これは強い!」 「むむっ、確かにこれはただ者じゃないですね。驚いた!並の馬があんな競馬をしてたら、藤田の馬に差されてしまうのに」 「菊花賞もこれで決まりかっ?!」 「いや、そうとは限..
Weblog: そのまま、そのままっ!!
Tracked: 2004-09-22 02:32

セントライト記念・ローズS結果
Excerpt: 【セントライト記念】 コスモバルク、本番に向けて強烈なパフォーマンスでしたね。 勢いで先頭に踊り出て、そのまま力尽きるか…と思ったけど、 意地でも負けさせませんでした。 それよりも2着..
Weblog: remiの直線一気ゴボウぬき
Tracked: 2004-09-22 06:44

バルク完勝?辛勝?それでもレコード「セントライト記念」と「牝馬は格より調子「ローズS」結果
Excerpt: セントライト記念・・・ くっそー3連単取れたのにぃー よく見たらあんまり穴ねらいになってませんね。(汗 だったら トゥルーリーズン入れておこう。  入れておいてよかった・・・。 小..
Weblog: めかりんだいありぃ
Tracked: 2004-09-22 10:29

今日の重賞が終わって・・・。
Excerpt: {/fuki_yonde/} セントライト記念はコスモバルクのレコード勝ちで終わったが、2コーナーぐらいまでかかりぎみに進み、徐々に先頭に立って逃げ切ったが本番(レコードの反動、輸送、3000m)で..
Weblog: 楽しい競馬の時間
Tracked: 2004-09-22 22:32
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。