2006年11月20日

マイルCSの回顧‥というよりは雑感


ダイ○○ワメジャーというのが何だか思い出され(笑)

うるぐすか何かかな?
一瞬ザッピングしたTVに映ってたのですが

ダイ○○ワメジャー

○○はスケ。「大輔はメジャー」ですね。
こういうの先に出ると大抵あちゃーな結果が
待っているので正直見て嫌な気分になったのですが(苦笑)

結果はそんなの全然関係ないくらいの強い
勝ちっぷりで完勝でしたね。

第23回 マイルチャンピオンS(G1)・結果

レースは予想したよりも全然速い流れになり、
こうなってしまえばダイワメジャーで問題ナシ。

但、「他馬は関係なく自分のペースで行こうと思っていた。」
という安藤Jの談話からやはり自分で行ってでも
この馬のペースをつくろうと考えていた位の
強気の騎乗だったんですね。
今の充実ぶりから考えればそれが一番勝つ確率を
上げる方法で自信をもって乗っていたということでしょう。

ステキシンスケクンがハナで1000mは57.5秒の
ペースだったのですが、その流れを引っ張りながら
追走して4角で自分から出て行って最後まで
押し切るという強い競馬でした。

4角でムチが手綱に絡まったのか手元を弄ってましたが
そんな仕草にも余裕すら感じられる騎乗。

かなり完璧に乗ったというダンスインザムードも
最後は差し迫ってきたのですが、ここでも外側に
馬体を併せるようなファインプレイをしており
さらにもう一度伸びて差すことを許さなかった辺り
相当に勝負根性のある馬なんでしょうね。

2着のダンスインザムードはよく走ってます。

3着のシンボリグランも人気はなかったですが好走。
馬券は☆でヒモに据えたので見事に的中しました。
(が、マルチだったのでリターンは少ないですが)

コートマスターピースも最後は追い上げてますが
出遅れも響き流れに乗れず。
ハットトリックにしてもスタート後の後手後手が
響いたようですがそれでなくとも今年の出来では
勝負圏内には来れてなかっただろうと思います。

健闘したなぁ‥と思ったのはキンシャサノキセキで
ダイワメジャー同様にこの流れを引っ張りきりで
(‥というよりは多少行きたがるくらいで)追走し
最後の追い比べでは流石に見劣りましたけれども
馬場状態を考えるとよく走ってます。
今後競馬を覚えキャリアを積んでレースが上手くなれば
かなりの出世が見込めるのではないかと思います。

テレグノシスは‥
最後方追走って何の為の鞍上チェンジなのか。。
posted by esprit at 12:54| Comment(0) | TrackBack(2) | レース回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27867474

この記事へのトラックバック

社台の圧勝=≪回顧≫
Excerpt: ≪東京スポーツ杯2歳S≫ やはり勝ち馬は社台系の馬、フサイチホウオー。 最後は3頭の争いになり、惜しくも◎にしたドリームジャーニーは3着。 2着になったフライングアップルは「山本英俊」氏の馬。 ..
Weblog: JRAへの戦略【〜未来予想〜】
Tracked: 2006-11-20 13:21

マイルCS観戦
Excerpt: 11/19京都11R・第23回 マイルチャンピオンS(GI) 芝1600m 久々に京都競馬場へ観戦に出かけました。 小雨も降っているので案外すいているのではと思いつつ・・・実はPAT残高が無くなって..
Weblog: Goodthing競馬Blog
Tracked: 2006-11-22 10:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。