2006年11月12日

エリザベス女王杯


「王女が女王になる瞬間」

さてさてそう上手くいくのでしょうか?

第31回エリザベス女王杯(G1)

ここまでキャリア5戦全勝で2000m以上のG1を
2つ制したカワカミプリンセスは確かに強いです。
脚質にも自在性があり展開になくような事も考えにくいです。
本田J曰く、一度トップスピードに乗るとどこまでも
それが持続し続ける感じだとか‥
要するにいい脚を長く使えるタイプなんでしょうね。

一方でこれまでのキャリアでは未だ上がり34秒を
切るような究極の上がりを要する競馬を経験してないです。
その辺りが今の切れ味優位の京都の馬場でどうなるのかが
1つのポイントになってくるでしょうね。

今日の淀の馬場は芝は稍重から良に回復してきており
天候も晴れてきているのでこのまま良でレースが出来そう。
ちょっと内側が荒れてきており気持ち外差しが利くかな?
というような馬場状態になっていると思います。

展開‥
内枠を引いたアサヒライジングが先手を伺うところを
シェルズレイがハナへというような流れになりそうですが
アサヒライジングがハナだとしても平均ややスロー、
シェルズレイが行った場合でも折り合いをつけつつ平均、
仮に折り合いがあまりつかなかった場合でもこの馬1頭だけが
速い状況となりアサヒライジング以下は平均ペース。

スイープトウショウは出遅れる可能性もありますが
前回の天皇賞で伸びきれなかった事、
又当面マークをするであろうカワカミを前に競馬がしたいので
比較的中段からの競馬、
対してディアデラノビアはスタートも安定しているので
いつもよりも前目の位置取りで競馬するのでは?と。


◎ディアデラノビア
○スイープトウショウ
▲カワカミプリンセス
△サンレイジャスパー
×ヤマニンシェクル
×アドマイヤキッス
☆シェルズレイ

角居厩舎の勢いにのってやろう‥というワケではないですが
ここまで実績の割に重賞1つしか勝ててないディアデラノビア
ここは積極的な競馬で活路をという気持ちがある分だけ評価を上げました。
但、力量的にはスイープの方が上でしょうし◎と○は差のない
イメージでのフォーカスです。

▲のカワカミプリンセスはアッサリがあっても驚かないですが
上がりの勝負で逆のアッサリがあっても驚かない‥みたいな(笑)

この所めっきり力をつけ、上がりの競馬にも充分対応できそうな
△のサンレイジャスパーの評価をもっと上げようと思っていたのですが
陣営のコメントを見ると「できれば前崩れの展開になって欲しい」と
まるで弱きなので(苦笑)
小倉記念や新潟記念でのスウィフトカレントを物指しに考えると
相当力をつけていると思うのですが‥
但、陣営に反して佐藤哲Jが強気の競馬をすれば恐い存在だと思います。

×ヤマニンシェクルは京都向き。
人気の時は切ってもいい存在ですがここまで人気が落ちると
馬券的には妙味。
恐らくは前目で運ぶでしょうし追い比べや捌きで紛れがあった
場合での浮上を考慮しておきたいところ。

×アドマイヤキッスは前走は位置取りの差もあって完敗した
イメージがより鮮明になってしまってますが乗り方今少しは
やれるのではないかと。鞍上がどうのるのか見物です。
但、距離延長はプラスにも思えず、どことなくフサイチエアデールな
香りもするので抑えまで。

☆のシェルズレイは前回でも全然折り合いきれてない競馬で
コンマ4秒差の競馬で踏み止まっているので鞍上がルメールに
スイッチしてガチっと折り合えれば前残りがあるかも?
昨年のオースミハルカのような競馬をされたら恐いのは
アサヒライジングよりも寧ろこちら。
(ほら、善臣センセは平均ペースがお好みですから)

‥ということでキルトクールはアサヒライジングっと(笑)
*ロイヤルタッチの血が恐いので押さえるかもしれませんが(笑)

馬券的には手堅いですが◎○▲を厚目ですかね。
◎○(▲飛んでくれ!)−△××☆みたいなフォーカスで。
posted by esprit at 12:28| Comment(0) | TrackBack(2) | レース予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

エリザベス女王杯の予想
Excerpt: シンプルに京都2000m以上で連対実績のある馬を選んでみました。 過去連対馬の人気を見て、5番人気以内の3頭を上位として、本命◎にはスイープトウショウをチョイス。あえて、カワカミプリンセスは対抗○にし..
Weblog: 府中の杜
Tracked: 2006-11-12 13:40

エリザベス女王杯予想
Excerpt: 京都11R・エリザベス女王杯 芝2200m 今回は古馬陣営に完全にマークされそうなカミカワプリンセス。後方からの33秒台の熾烈な追い込みみ屈する場面も。 なら、逆に人気のない先行馬の逃げ残りは要注意..
Weblog: Goodthing競馬Blog
Tracked: 2006-11-13 09:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。