2006年11月07日

ナイスラン!


デルタブルースがメルボルンC制覇!2着ポップロックで日本馬ワンツー(sanspo.com)

第146回メルボルンC(7日、オーストラリア・フレミントン競馬場、GI、3歳上、ハンデ、左・芝3200メートル)はデルタブルース(栗東・角居厩舎 父ダンスインザダーク)が快勝した。2着にポップロック(栗東・角居厩舎 父エリシオ)が入り日本馬のワンツーフィニッシュとなった。


ワンツーフィニッシュとは恐れ入りましたぴかぴか(新しい)

クラブ公式より(デルタブルース)

11/7(火)フレミントン競馬場で行われたメルボルンC(G1)に岩田騎手騎乗で出走して、見事1着となりました。好スタートから2〜3番手の好位を絶好の手ごたえで追走し、直線に向いて追い出すと力強く先頭に立ちました。最後は後方から猛然と追い込んできた僚馬ポップロックとの叩き合いとなりましたが、約アタマ差ほど抑えて栄光のゴールを駆け抜けました。メルボルンC制覇はもちろん日本馬として史上初の快挙で、まさに歴史的な金星となりました。

クラブ公式より(ポップロック)

11/7(火)フレミントン競馬場で行われたメルボルンC(G1)に出走して、僅差の2着と健闘しました。やや折り合いに苦労しながらも中団馬群の中を追走して、直線に向くと素晴らしい末脚を爆発させました。最後は先に抜け出していた僚馬デルタブルースとの激しい叩き合いとなりましたが、約アタマ差ほど及ばず涙を呑みました。それでもこの馬の力をフルに発揮して、見事な走りをみせてくれました。


明暗こそ分けましたが両馬とも頑張ってくれましたひらめき
馬券買えていれば‥眠い(睡眠)

【メルボルンC 直線映像】
http://au.news.yahoo.com/video/#
posted by esprit at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | Shadai系私的ウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26937641

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。