2006年11月06日

ファンタジーS/アルゼンチン共和国杯の回顧‥というよりは雑感


‥というよりは雑感です、ハイ。

第11回KBS京都賞ファンタジーステークス(G3)・結果

マーチャン5馬身差V〜ファンタジーS(スポーツニッポン)

「乗っていてびっくりしました。(新馬戦の)当時と全然違う。1Fまでよく我慢したけど、そこから伸びたね」

乗っている本人がびっくりするくらいだから
余程に手応えのある内容だったと思います。
直線抑えたままで5馬身差の圧勝ですからね。
とにかくまだスピードを持て余している印象。
小倉2歳Sの時のイメージのまま楽勝でした。

馬券予想は一応◎−×なのですが馬券ベタでした(苦笑)

勝ち馬のアストンマーチャンが強すぎた為それ以下が
ちょっと霞んでしまいましたが上位はそれなりに
力を出し切っていると思います。

イクスキューズも行きたがっていてのあの内容なら
悪くはないでしょうし、ハロースピードも一応3着と
格好はつけています。
今日は時計勝負の馬場状態だったことを考えると
そう悲観するような内容でもないかなぁと。

ニシノマオが5着だったのでこれから測っても
アストンマーチャンの快勝は順当な結果でした。

カノヤザクラは差しを試みるのは悪くなかったですが
追って凄くキレるというタイプではなさそうなので
もう少し前目で運んだ方がいいのかもしれないですね。
但、アドマイヤプルートとの着差がクビで先着しているので
今回のところは一気の相手強化で順当だったのかも。
次はさらにやれると思います。

マイネルーチェはちょっとだらしないレース。
ホットファッションの内容を見ると今後サフラン賞組の
レベルは疑問視した方がいいかもしれないですね。


第44回アルゼンチン共和国杯(G2)・結果

勝ちきれない馬の戦いはトウショウナイトに軍配。
横山Jはやはり2着までにはもってきました(苦笑)
但、ハンデ差を考慮すれば勝ちある騎乗だったと思います。

上位入線を見ても結構順当だったような‥

ドラゴンキャプテンは大駆けに思えたのですが
最終的には6番人気だったんですね(驚)
単勝10倍以下で上位人気が5頭いてその次だったとは‥

ウインジェネラーレはやはりアテに出来ないタイプですね。
今回承知の上で敢えて狙ってみたのですが‥
こういうタイプは毎回狙わないといつか来るので
経費がかさむ馬で厄介ですたらーっ(汗)

posted by esprit at 12:44| Comment(0) | TrackBack(1) | レース回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26867469

この記事へのトラックバック

JCの準備=≪回顧≫
Excerpt: ≪アルゼンチン共和国杯≫ 狙い通りの堅い決着になった。 勝ったトウショウナイトは【57,5kg】、2着のアイポッパーも【58kg】と、JCの斤量である【57kg】をもろともしない強豪馬を作った。 ..
Weblog: JRAへの戦略【〜未来予想〜】
Tracked: 2006-11-06 13:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。