2006年10月27日

共通言語


Cab20061025.JPG

豪州のとある馬好きタクシードライバーおやじのお話。

今週は昨日まで仕事でブリスベンへ‥
空港からホテルまでのタクシーの車中でメルボルンCの
話から思わず運転手のおやじと競馬話に華が咲く‥

本職は馬券だと言い張るこのオヤジ‥

コーフィールドCの結果を受けてかどうかわからないが
日本馬はなかなか強いと。チャンスがあるんじゃないかと。

昨年のアイポッパーの話、先日のスプリンターズSの
テイクオーバーターゲットの(自慢)話‥
春の天皇賞のマカイビーディーヴァの話題は
あまり食いついてくれなかったけれども‥(笑)

デルタブルースは有力だけれどもコーフィールドCで
外傷を追ったから、もし狙うなら最後窮屈だった
ポップロックの方だぜと言ってやった。

で、来年か再来年くらいには日本馬がメルボルンCを勝つからっと。
じゃあ今年は勝たないのかっと(笑)(くりげ君風)

車がホテルに到着後、おやじはトランクから何やら
怪しい資料のようなものを取り出した。
どうやらおやじの独自理論で弾き出された資料らしい。
おやじはそれを指し示し熱弁をふるう。
先週は回収率133%で手を出したレースでは108%だったと。
1時間位あったらおやじの自慢の理論を説明できるけどどうだ?と。
(いや、そんな時間ないですから‥苦笑)

気がついたらそんなに話せるワケでもない英語で
結構コミュニケーションできてたり‥

そんな眠気もちょっと覚めたようなブリスベンの朝でした。
posted by esprit at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記のようなもの・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。