2006年09月04日

3回小倉8日目未勝利戦・回顧


■小倉3R未勝利芝1200m■

9/3(日)小倉3R・芝1200m戦に熊沢騎手56kgで出走しました。

馬体重は前走から増減なしの454kg。

レースでは五分のスタートを切って押していきましたが
先行はできず、中団からの追走。

3コーナー手前で外から押し上げて行き
直線も馬場の良い外めに出してこれならという
タイミングで追い込みに賭けましたが伸びを欠き
最後は勝ち馬ライブリシュロムから1.2秒差の15着で入線。


■レース後のコメント■

熊沢騎手(競馬ブック週報より)

一瞬は伸びてくれそうな感じで上がって行けたんだけどね。そこから馬がやめてしまったような感じだったからなあ。気持ちの問題なのかも知れない。

熊沢騎手(社台のWebより)

「返し馬の時からノドは鳴っていました。道中はまずまずでしたが、直線は走りに集中できていませんでした。」

短評(競馬ブック週報より)

四肢バンテージ。手足が重かった。


■レースの感想■

いつものように先行こそは叶わなかったものの
そこそこ早く流れている状況で4角で取り付き
これならという雰囲気だったのですが‥
あの雰囲気だともう少し伸びても良さそうなものですが
コメントにもあるように気持ちも含めて精彩を欠いており
結果が出せませんでした。

これで3走連続9着以下となり3アウト。。
1ヶ月間の出走停止処分を受けてしまうことになります。

願わくばもう一度違ったレースの条件(ダートの中距離辺り)を
試して復帰してもらいたいですが、
この事も踏まえ今後の方針を調教師と協議していくとの事で
残された未勝利戦を考えると辛い状況に追い込まれてしまいました。

posted by esprit at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | スペシャルネイム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。