2011年10月18日

5回京都4日目 清水ステークス芝外1600m


HawkerHurricane_Oct16.jpg

10/16(日)京都10R・清水S(芝1600m)にハンデ54s北村宏騎手で出走しました。

1.jpg

馬体重は前走から2kg減の488kg。
大きく減らすことなく出てきました。


2.jpg

この日は秋華賞、しかもその前のレースとあって
いつもより人だかりが多かったです。

人気はこれまでにない単勝40倍台後半の支持(最終的には54.3倍の9番人気)

戦前から予想していましたが、今回は流石に相手関係が厳しく
ハンデ戦とはいえレース前から気楽な気持ちでいました。


3.jpg

今回初騎乗の北村宏騎手を背に例によって先入れ‥


4.jpg

‥とここでいつものように2角から向こう正面に‥と
思いきや、じんわりゴール板を過ぎて正面の馬場に出て
そのまま軽やかなキャンターで返し馬!

いやぁ‥今までにないパターン‥というか、
漸くここに来て大人になってきたというか
(等と一緒に観戦していた他出資者の方々と談笑)


レースは好スタートから道中は2〜3番手の好位を追走。
マイルの距離でも思ってた以上にリラックスして走れており
内心これはちょっといいとこあるかも?という思いで見てました。

そのまま直線入口では手応えよく直線に並びかけ、
抜け出しをはかろうとしたのですが、
しかし、そこから後続がドッと押し寄せ、
直線半ばまでは粘っていたものの最後は脚色が鈍り後退。
結局、勝ち馬からコンマ6秒差の11着で入線。


5回京都4日目 清水ステークス芝外1600m・結果


北村宏騎手「道中の折り合いがついて、うまくレースを運ぶことができたと思うのですが、直線半ばでフワッとするように止まってしまいました。結果論ですが、今回はハミを抜かせながら道中追走するよりも、ガッチリ噛ませてレースをさせたほうがよかったのかもしれません」



余りにもスムーズに直線まで来たので一瞬これは!と思ったのですが
やはり今回は相手関係もかなり強力でそう上手くはいきませんでした。
ただ、そうはいっても勝ち馬からはコンマ6秒差でもありますし、
11着という着順程は負けておらず、そこまで悲観はしてません。

今日のレースでもそうですが、返し馬が出来たりレースでも
マイルで十分折り合いが付けれてるように気性面で
落ち着きがでてきているのではないかと思います。

北村宏騎手のコメントではガッチリ噛ませてレースを‥
というのもありますが、まだそういう乗り方で改善の余地もありそうですし
今なら本来のストライドに見合ったマイル以上の中距離のレースを
試してみても面白いんじゃないかなぁと個人的には思います。

まぁ、そうは言ってももう後半年余りの競走生活なんですけど‥

この後は放牧か続戦か未だ現時点ではわかりませんが
加用先生がどういう方針を取るのか見守りたいと思います。
posted by esprit at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ホーカーハリケーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/231006222

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。