2011年09月22日

道頓堀ステークスを目指して


栗東TCに在厩しています。

*********************************************
2011/09/21 川 須 栗東 坂 不
1 回 -58.7 -42.0 - − -13.6 馬ナリ余力
*********************************************

入厩後も順調に調教を進めており、
9/21(水)は川須騎手騎乗で坂路コースで
58.7-42.0-***-13.6秒の時計をマークしています。

来週10/2(日)阪神・道頓堀S(芝1400m)に
川須騎手で出走を予定しているようで
しっかり出走態勢を整えていくとのこと。

どうやら次走は川須騎手で臨むようです。
(またしても乗り替わりとかもう驚きはしませんけど笑)

川須騎手については今年はダートで先行して
安定感あるなという印象くらいしかなくて
ちょっと調べてみたのですが‥


騎手リーディング


何と現時点で関西4位、全国で8位の勝利数ですか。


川須騎手インタビュー(競馬ラボ)

川:関西は▲3キロの騎手に良い馬が回ってくる。今年、勝てたのは良い馬に乗せてもらえたからなんです。☆1キロ減になると以前のような馬の質は望めませんから、勝つべき馬で勝てるかどうかで、僕の将来は変わってくると思います。だから100勝という数字は気にしていません。それよりも減量がなくなっても、乗せてもらえる騎手になることの方が大事だと考えています。

勝ち星の内訳を見ると確かに未勝利や500万下の
下級条件での量産が多いですね。

今のところ重賞は勿論ですがオープン、準OPでの
勝ち鞍もありませんでした。


川須栄彦騎手がJRA初勝利

23日の新潟1Rをメイショウクレモナで勝ち、川須栄彦騎手(18)=栗東・本田=が待望のJRA初勝利を飾った。今年3月のデビューから通算67戦目でのVに「うれしいです。ここまでミスも多く関係者に迷惑をかけていたのでホッとしました。この勝利をきっかけに、何かが変わっていけばいいと思います」と喜びを語った。

デビューから67戦目で初勝利を挙げた騎手が
翌年にフリーになってこれだけ勝つのですから
減量の恩恵があったにせよ伸び盛りの騎手で
あることには間違いないですね。

先週の阪神でも新馬・特別も含めて3勝を挙げるなどの活躍‥
そういうところも加用先生の目に止まったのかもしれませんね。

川須騎手にはそのチャンスを活かすべく
準OPでの好騎乗を期待したいところです。
posted by esprit at 12:42| Comment(3) | TrackBack(0) | ホーカーハリケーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
5歳牝馬のこの時期、どうしても来年3月を考えてしまいますよね。

1600万下は、除外の問題もありますし。

僕の希望は、ホーカーが来年牝馬限定の重賞に駒を進めてくれることです。
Posted by たけとよ at 2011年09月23日 15:02
登録、見ました。

12頭しかいないんですね。

除外の可能性なしですよね?

この時期の1600万下にしては、少ないですね。

健闘を祈ります。
Posted by たけとよ at 2011年09月25日 18:58
>たけとよさん

12頭しか登録がなく確実に出れそうでまずはよかったです。
ただ重賞好走実績のある馬などなかなか骨っぽいです、、
まぁそれでも中山の韓国馬事会杯より戦い易そうですが苦笑
Posted by esprit at 2011年09月26日 20:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。