2006年06月27日

1回函館4日目未勝利戦・回顧


■函館3R未勝利芝1200m■

6/25(日)函館3R・芝1200m戦に藤岡騎手56kgで出走しました。

馬体重は前走から+2kgの454kg。
レースではまずまずのスタートから控えて中団の
外めから追走し3コーナー過ぎから仕掛けて
直線も外から追い出して行きましたが直線で
挟まれるような形になるとそこから全く伸びずに
最後は勝ち馬スプリングジュラから0.8秒差の11着で入線。


■レース後のコメント■

藤岡騎手(クラブのWebより)

「直線追い出して行ったときに一瞬ハミを取ってくれたのですが、途中で自分から止めてしまって、伸び切れませんでした。すいませんでした。」

藤岡騎手(競馬ブック週報より)

ゲートは上手に出てくれたけど、外枠だったので前半に脚を使ってしまいました。

短評(競馬ブック週報より)

舌を括る。2キロ増でも太く見える。中団の外目を追走も道中からあまり手応えがなかった。4角では外へ弾かれるロスがあった。


■レースの感想■

グリーンChでの観戦。
スタートはまずまずで藤岡Jも出来れば前目につけようと
押し気味に進めたのですがコメントにもあるように外枠で
思うように番手が上げれずに結果的には中途半端に脚を
使っていたように見えました。
スッと行けるスピードがあるならいいのですが、
この距離のレースでは他も速いのでなかなか難しいかな。

4角手前くらいからムチが入って仕掛けにかかるものの
伸びあぐねるような状態で、さらに後方から来た2,3着馬に
少し挟まれるような格好で外に振られ(?)
そこからは戦意喪失したのか直線もサッパリでした。

一瞬しかハミを取らなかったとあるようにまだ
コンスタントに充分に集中して走れてないのかも?
現状は道中は流れに乗るだけに集中して直線だけの
競馬に徹し流れを向くのを待った方がよいかもしれないです。

この後は函館で続戦していくと思いますが、
現状の未勝利戦では芝の短距離戦は出走間隔を空けなければ
出走できないことから一旦短期放牧を挟むことを検討しているとの事。

上手く投票してレースに出走できればよいのですが‥
posted by esprit at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | スペシャルネイム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。